裏技ナビ

役立つウラワザ集めました~ポイ活・節約術・小遣い稼ぎ~

家電製品を値切る裏技

誰でもできる値引き交渉のポイントをいくつかご紹介するので、ぜひ実践してみてください。 ★ネットで欲しい家電を調べる 価格.Comなどの価格比較サイトで最安値を調べ、スクリーンショットなどをして画像を用意します!証拠ですね ★値下げ交渉が成功しやすい…

じゃがいもの皮をむく裏技

★茹でる時の裏技 1.茹でる前の生のじゃがいもに、軽く1周切れ目を入れておく。 2.茹でる。 3.氷水につけてから回すようにむく。 これだけで、じゃがいもを茹でたあとの皮むきがスルリと驚くほど簡単にできる役立つ裏ワザです。氷水につけるので熱いのを我慢…

傘の防水を復活させる裏技

★水をはじかなくなった傘はドライヤーを使うと効果が復活する! 最近傘の撥水性が落ちてきたなと思った方にぜひ試してほしいのが、傘の水はじき効果を取り戻すお手入れ。水をはじかなくなり、べちゃっと水を吸収する傘でも、ドライヤーで温風を当てるだけで…

スキー場で冷たい手を温める裏技

■裏技 1.手に雪を擦りつける。 2.雪を落とし、手袋を付けて約5分待つ。 たったこれだけで、冷たくなった手が温かくなります。 これは、冷たい手を急激に温めるため、縮んでいた血管が 一気に広がり、血行が良くなるためです。

雪の時の靴の裏技

★普通の靴と冬靴の違い ・普通の靴より温かい ・普通の靴より防水に優れている ・普通の靴より雪道でも滑りにくい といった点に特徴があります。 特に雪道でも滑らないようにするために 靴底がまるでスタッドレスタイヤのように 深くギザギザが掘られている…

マスクで耳が痛くならない裏技

マスクを着用していると耳が痛くなるかとアンケートをとると 6割以上の方が「耳が痛くなる」と回答しています。さらに、「耳の付け根に激痛が走る」「耳の付け根から出血してしまった」といった声もあります ★マスクをしていると耳が痛くなる原因は? まずは…

時間を長く感じる裏技

★原因 時間感覚は直に感じられないため、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の五感とは違います。しかしながら、人間の脳が感覚から情報を集めて、その情報を人間が理解しやすい形に変えて視覚や聴覚などの五感に伝達するというプロセスは時間感覚においても変わ…

マスクでメガネが曇らない裏技

★マスクでメガネが曇らない裏技 ★マスクの上部を内側に織り込む マスクの上部を内側に織り込みマスクとレンズの隙間を小さくすると、ある程度メガネが曇るのを防げます より曇りを軽減したい、あるいは三次元マスクを使用している時などは、織り込んだ場所に…

刺身を美味しく食べる裏技

刺身を美味しくする方法はあるのか? ネット検索すると水で洗ったよいというような投稿もあったりします。 魚のプロいわく水っぽくなるしさらに生臭くなりそうでちょっとオススメできないそう では、どうするのが一番よいかというと、 冷塩水にしばらく漬け…

エレベーターで間違えてボタンを押した時の裏技

東芝エレベータ株式会社 「キャンセル機能はついています。行先ボタンを2回押すと点滅するので、その状態でもう一度押すとキャンセルされます」 全部で3回押すことでキャンセルが完了されるようです。 三菱電機株式会社 「行先ボタンをダブルクリック(2…

自動販売機で両替をする裏技

最初に言いたいのが、緊急でない限りは余り使わないで欲しい裏技であるということ。 緊急の場合はこれ。 この後小銭がいるのに、100円玉がない!どうしても100円玉が必要という時に便利なテクニックです。 こちらの方法では、飲み物を買わずに両替が可能らし…

すぐに眠れる裏技

癒し効果のある音楽を聴く ... 2.カフェインを含まない温かい飲み物を飲む ... 3.腹式呼吸で自律神経を整える ... 4.筋弛緩法で体と心の緊張を緩める ... ツボ押しで眠気を誘うツボ ... アロマを焚く 7.冷えピタ=冷却ジェルシートでオーバーヒート気味の脳…

玉ねぎで目がしみない裏技

レンジでチン 上下を切り落としてそのまま2分加熱(500w) その後一気に皮を剥く 先に皮を剥いた場合はラップをして30秒(500w) 冷やしてから切る 玉ねぎは常温保存できますが30分ほど冷蔵庫に入れるだけで大丈夫 皮ついたままの場合は新聞紙などにくるみビ…

寒い時の裏技

伊藤家の食卓の裏技 1.仰向けに寝る。 2.足首を手前に曲げるようにして、5秒間アキレス腱を伸ばす。 3.2と反対の方向に足首を5秒間伸ばす。 4.2と3の動作を10回繰り返す。 たったこれだけで、血行が良くなり、体が温まります。 暖房が効いていな…

ステーキ肉をお家で美味しく焼く裏技

安い肉の場合 安い肉は、「パサパサしてジューシーさが無い」「硬くて噛みきれない」というイメージです。しかし、これは肉を焼いた時の失敗例なんです。下処理と加熱の温度に気をつければ、安い肉でも柔らかくジューシーに仕上げることができるんです。 生…